MENU
前のページへ戻る

学院紹介

カリキュラム紹介

授業例

授業名 <スポーツ障害その他理学療法学>  授業期間 (2年生 後期)

授業名の通り、スポーツ障害を中心とした理学療法の科目です。当学院の卒業生は600名を越えており、多くの卒業生が県内の様々なスポーツ分野で理学療法士として、またより専門スポーツ分野に高度化したトレーナーとして活動も行っており、特に高校野球、スキー、水泳、サッカー、バスケットボール等の分野で活躍しています。この科目ではそのような現場で活躍している卒業生を講師に招いて実際のスポーツ現場で行われている理学療法を学ぶことができます。

image1

授業名<検査測定論Ⅳ>  授業期間(2年生 後期)

脳卒中片麻痺の授業において実際の片麻痺患者様(6名から7名)を学院に招き、評価実習を行いレポート作成、セミナー発表までを行います。学生が2年生終わりに行われる評価実習を前に、実際の患者を診ることで実習にスムーズに移行できるようにしています。このような事が可能であるのも学院の後ろ盾に大きな病院グループを持つ当学科の長所と言えます。

image2 image3