MENU
前のページへ戻る

学院紹介

学院概要

 本学院は平成7年、初代 立川晴一理事長の「日本の医療はリハビリテーション部門にもっと力を入れなければならない。学生諸君には医療人としてのみならず、人格的にも立派な人になって社会に貢献してもらいたい」との理想の元、創設されました。

 本学院で学ぶことにより理学療法士・作業療法士の国家試験の受験資格が得られ、国家試験の合格により「理学療法士」「作業療法士」の免許が得られます。平成28年春には19期生が卒業し、全国の病院・施設などで活躍しています。

学校名 晴陵リハビリテーション学院
法人名 学校法人 晴陵医療学園
理事長 吉井 新平
学院長 吉井 新平
開校 平成7年4月
理学療法学科 3年制  1学年定員 40名
作業療法学科 3年制  1学年定員40名
選抜方式 一般入試、推薦入試、社会人入試、AO入試
所在地 〒940-2138
新潟県長岡市大字日越319番地
TEL  0258-47-4690
FAX  0258-47-4691

理念

社会に幅広く貢献することのできる人材の育成

目的

リハビリテーション医療の担い手に相応しい、知識と技術を習得するだけでなく、人間愛溢れた人材を育成し、障害者の社会復帰と疾病予防、健康増進に寄与できる実践的なスペシャリストを育成すること

育成人材像

謙虚な人間性と自ら学ぶ姿勢を身に付けた療法士